住友林業 一条工務店 比較

住友林業・一条工務店の比較について

大きな買い物である家を建てる時は、ハウスメーカーなどをよく比較することによって建てたい形式がわかってくることもあります。

 

 

様々な展示場などを巡って間取りや部屋、さらに予算なども検討することも大事なのですが、仕様そのものを比較していくこともとても大切です。

 

 

ハウスメーカーの中でも特にブランド力を持つのは、住友林業や一条工務店などがあります。

 

 

では、この2社を比較した場合、どのような違いがあるのでしょうか。

 

 

住友林業は、3つの工法から仕様を選ぶことができます。

 

 

MBマルチバランス工法と呼ばれる在来工法をアレンジさせた工法がまず一つです。

 

 

きづれパネルといラティス状のパネルとつけることで耐力壁としています。

 

 

さらにBF工法・ビックフレーム工法があります。

 

 

こちらは鉄骨住宅にあるような形式で、基礎と梁を金具で接合するタイプの建築方法です。

 

 

こちらは金具が特殊なぶん、料金も高めではありますが建物は丈夫になります。

 

 

もうひとつがツーバイフォー工法です。こちらは企画がある程度決まっていることもあり、作り方が簡単な割りに建物の強度が出ます。

 

 

一方の一条工務店は、在来工法にパネルをつけた木質パネル工法です。

 

 

さらに、一条工務店と言えば断熱が高いことでも有名なハウスメーカーです。EPS材を使い、ダブル断熱をしています。

 

 

また、複層Low-Eガラスが標準装備されており、注文住宅としてはとても高スペックです。

 

 

是非とも入れたい機能のひとつなので、これがあるのは機能が充実していると言えます。

 

 

内側がEPS140o、外側がEPS50oと、ハウスメーカーでは一番高いです。

 

 

仕様によってはダブル断熱ではないモデルもあるので、予算が許せばダブル断熱を選んだほうが、後々のコストがかかりません。

 

 

こちらの2社を比較すると、断熱で選ぶなら一条工務店、工法を自由に選びたいなら住友林業を選ぶことができます。

 

 

しかし、最近は次世代省エネルギーは基本的に欲しいスペックの一つですから、同じ基準までの断熱性能を選んでみて、比較検討をすることもできます。

 

 

また、基礎の仕様や、付帯工事の価格など、大きく予算の変わるものもありますので、そちらのほうも比較したほうが検討をしやすいでしょう。

 

 

TOPページでは無料でハウスメーカーや工務店の間取りプランや費用を比較できますよ。

 

一条工務店 坪単価※値引き交渉のポイントのTOPへ戻る

<スポンサードリンク>




page top