ヘーベルハウス 一条工務店 比較

ヘーベルハウスと一条工務店を比較してみました!

重量鉄骨構法のへーベルハウスと、木造の一条工務店の共通点や違いを比較しました。

 

 

 

 

坪単価
ヘーベルハウス 70万〜80万円
一条工務店 55万〜80万円
一条工務店は、キッチンやお風呂等一条工務店のオリジナル品以外の設備を選ぶと価格が上がりますので要注意です。

 

 

 

特徴

 

「ヘーベルハウス」

 

へーベル君や羊のラム君等かわいいキャラクターで癒されるへーベルハウスですが、社名にあるへーベルとはALCという軽量気泡コンクリートのことで、軽くて木材と同じくらいの調湿力や、耐火性能等に優れた性能を持っているため、日本で初めて導入されました。外壁材はへーベル以外選択肢はありませんので、他の外壁にしたいというこだわりがある方には向きません。

 

 

 

構法は重量鉄骨ですので、頑丈で地震に強く制震装置が標準装備になっています。

 

 

 

この構法のおかげか2015年夏、関東地方で台風の影響で川が決壊し氾濫しましたが、ヘーベルハウスの住宅だけ頑丈に残って人々の命を助けたのは記憶に新しいところだと思います。当時ニュースを見て、影響されやすい私は将来的にヘーベルハウスで家を建てようと思いましたが、坪単価の高さに断念しました。

 

 

 

 

「一条工務店」

 

あまり大々的に広告宣伝していないし、へーベル君のようなかわいいキャラクターもいませんが、誠実さについては業界第一位ではないでしょうか。

 

 

 

 

木造でありながら、高気密高断熱性能や免震性能、太陽光発電搭載率等全てトップクラスですが、デザインはどちらかというと、純日本家屋風なので洋風のデザインがお好みの方には少し難しいかもしれません。

 

 

 

 

両社どちらも値引きには応じないとのことです(ヘーベルハウスはライバル会社の積水ハウスを引き合いに出すと多少は応じてもらえるようです)。

 

 

 

 

それだけ自社の商品に誇りと自信を持っている証拠ではないでしょうか。

 

 

 

一条工務店 坪単価※値引き交渉のポイントのTOPへ戻る

<スポンサードリンク>




page top