一条工務店 アシュレ 坪単価

一条工務店のアシュレの坪単価の相場

一条工務店といえば、高気密・高断熱仕様に標準で対応した「i-cube」や、高気密・高断熱仕様に対応し、床暖房や太陽光発電システムが標準で搭載されている「i-smart」が発売以降人気を集めています。

 

 

 

その他、若い世代をターゲットとした南欧風の外観や内装が特徴的な「ブリアール」や「アシュレ」といった規格型住宅もラインナップされています。

 

 

 

このページでは、一条工務店の規格型住宅となるアシュレに注目し、坪単価や価格帯などをまとめてみました。

 

 

 

まず、規格型住宅となればデザインや間取りなどがぴったりのプランが見つかるのかといった問題が出てきます。

 

 

家族構成や生活スタイルなどによっても最適な間取りは異なってきますし、間取りの使い勝手が悪いと生活動線も悪くなってしまい、家事や育児がスムーズに行えずに日々ストレスに感じることも多くなってしまいます。

 

 

しかし、一条工務店のアシュレでは、数々の間取りを描いてきた設計のスタッフが、3000プランを提案しているため、より家族の生活スタイルにあった最適なプランを選ぶことが可能となります。

 

 

一条工務店の公式サイトには、この住みやすさとデザインを追求した規格住宅であるアシュレの坪単価は45万円台〜と記載されています。

 

 

一般的に規格住宅は、間取りなどをパターン化することで坪単価や建築費用を抑えることができると言われていますが、このアシュレは標準設備も充実しているとの声もあがっており、実際の坪単価が気になるところです。

 

 

アシュレの坪単価について調べてみると、50万〜60万円程度が目安となっているようで、やはり規格化することで他の一条工務店の商品と比較してみても、坪単価が抑えられていることが分かります。

 

 

規格化住宅に加え、一条工務店では海外の工場で製造していることもあり、大手ハウスメーカーと比較しても坪単価を安く抑えることを実現されているようです。ただし、アシュレは二世帯住宅やビルトインガレージ付きのプランなども用意されていますので、条件によっては建築費用が高くなることもあるようです。

 

 

また、一条工務店といえば、高気密・高断熱住宅というイメージをお持ちの方も多く、実際にこれらの性能の高さは業界でもトップのレベルを誇ると言われています。

 

 

一般的に一条工務店では床暖房や太陽光発電システムは標準仕様とされていますが、アシュレの場合は、床暖房や太陽光発電は標準仕様ではないため、これらの設備の導入を検討されている場合は、標準で搭載されているi-cubeやi-smartなどを選んだ方がお得かもしれません。

 

 

実際にi-cubeとアシュレで比較された方の口コミによりますと、『i-cubeの坪単価は70万円弱、アシュレの坪単価は60万円ほどでしたが、i-cubeは高気密・高断熱であること、自由設計であることに加え、全館床暖房、オール電化が魅力的で決め手となりました。』と結局i-cubeを選択されたようです。

 

 

それでも、一条工務店の他の商品と比較すると、アシュレの坪単価は安いので、家族のライフスタイルにあったプランが見つかれば、かなりお得に建築することができるのではないかと思います。

 

 

一条工務店 坪単価※値引き交渉のポイントのTOPへ戻る

<スポンサードリンク>




page top