一条工務店 百年 坪単価

一条工務店の円熟の家・百年の坪単価の目安

一条工務店は高気密・高断熱住宅に定評があるハウスメーカーで、これらの性能の高さは業界でもトップレベルと言われるほど高い性能を誇っています。

 

 

デザイン重視というよりは性能の良さを重視される方が検討されるハウスメーカーだと思います。

 

 

一条工務店では価格を抑えた規格型住宅の「アシュレ」をはじめ、高気密・高断熱仕様に対応した主力商品の「i-cube」や「i-smart」など、様々な商品がラインナップされていますが、和風に対応した住宅もラインナップされています。

 

 

一条工務店が提案する和風の家は円熟の家「百年」と言います。

 

 

本格的な和風住宅はもちろん、現代風にアレンジを活かした和モダンにも対応されていますし、二世帯や平屋での建築にも対応されています。

 

 

一条工務店の公式サイトに掲載されている円熟の家・百年の外観や内観をチェックしてみると、とても立派で建築コストにお金がかかりそうな印象を受けますが、この百年の坪単価や建築費用はいくらぐらいなのでしょうか。

 

 

調べてみると、円熟の家・百年の坪単価は70万〜80万円と、一条工務店でラインナップされている商品の中でも高めに設定されているようです。

 

 

仮に円熟の家・百年の坪単価を70万円とし、40坪の家を建てる場合の建築費用は2800万円という計算になりますが、実際に百年で新築された方の価格帯も気になるところです。

 

 

そこで、実際にこの和風住宅である百年で新築された方の坪単価や建築費用を紹介したいと思います。

 

 

一条工務店の和風の家、百年で建築しました。
オプションとしては玄関の引き戸の変更、断熱材の変更、屋根の入母屋作りぐらいとなりますが、38坪で2200万円ぐらいだったと記憶しています。

 

 

この2200万円は必要な工事費用や諸経費、外構などが含まれた費用かは不明ですが、単純に計算するとこの百年の坪単価は約58万円という計算になります。

 

 

また、この円熟の家・百年での建築を検討されている場合、住み心地なども気になると思います。

 

 

実際にこの百年で新築された方の口コミによりますと、『円熟の家・百年、平屋タイプ、全館床暖で新築しました。床暖房は思っていた以上に良く、冬場でも室内の気温は20℃前後を保っており暖かいですし、住み心地が良く満足しています。』との声もあがっており、評判も高いようですね。

 

 

一条工務店 坪単価※値引き交渉のポイントのTOPへ戻る

<スポンサードリンク>




page top